雇用保険

労務管理システムを導入して業務を効率化!曖昧な業務も明確化できる

クラウドシステム導入で人事労務管理を効率化しよう

入退社手続き、毎年、労働保険料を支払うための年度更新、健康保険料・厚生年金保険の算定基礎届の作成、社員が妊娠・出産・育児休業を取る時の手続きなど労務管理の業務は多種多様となっています。
また働き方改革関連法が始まり、年次有給休暇管理簿の作成、勤怠管理の記録や残業時間の上限時間が法律で規制されるようになりました。勤務シフト作成者は、上限時間を超えて残業させていないか、年間5日以上の年次有給休暇を取得できているか確認するなど労務管理に豊富な法律知識が必要となっています。2020年4月1日からパートタイム・有期雇用労働法が始まります。同じ会社内で正社員と非正社員の不合理な待遇差をなくすため、基本給やボーナスなどあらゆる待遇で不合理な格差が禁止されます。正社員には人事評価制度があるが、有期雇用労働者には人事評価制度がないのでボーナスはないという理由で正社員にだけボーナスを支給するのは違法となり、パートタイマー、アルバイト、契約社員にも人事評価制度の導入が必要となります。人事のクラウドシステムを導入することで、考課者の負担を減らすことができます。このように人事労務管理システムを導入することで、業務が効率化できベテランの担当者が急に退職した場合でも社内の業務が滞ることがなくなります。是非人事労務管理システムの導入を検討してみてください。

曖昧な人事評価制度を人事労務管理システムで明確運用しよう!

社内において人事評価制度が曖昧になり、形骸化していませんか?このような状態では、人事や労務管理を行う部門において、評価基準に基づき判定した結果、職給アップや昇給を適切に判断できなくなります。むしろ、取りまとめや判定のために無駄な労務管理コストを費やすことになります。そこで、人事労務管理システムを導入して曖昧になっている人事評価制度を見直しませんか?
定まった様式がない、数値化する基準が曖昧な場合、いくらでも部門で基準を変えて評価ができてしまいます。所属員が不利益を受けるだけでなく、部門ごとの人事評価バランスが崩れてしまい、不当に職級が低いもしくは基準賃金の安い社員が大量発生してしまいます。ですが、人事労務管理システムなら社内で統一した人事評価フォームガ使用できます。また、判定基準も点数や段階評価にすることで、所属長の感覚による評定を抑止できます。また、明確な基準でシステム運用されることで、人事異動の計画も検討しやすくなります。集約された人材情報から不足する人材を補填したい部門に対して、ミスマッチが生じない人事異動を発令することができます。さらに、人事異動の際には人事評価の情報も受け渡しも効率化され、前の所属部門での評価を新部門での評価に反映しやすくもなります。そのため、異動先の所属長の負担も軽減されます。

人事労務管理システムで属人化している業務を改善しよう!

社内において定期的に問題となるのが、コア業務が属人化していることです。業務が属人化してしまうと、人事異動により業務引継ぎの負担が増えるだけでなく、慣れない後任者が業務を行うため効率が著しく低下します。そのため、各部門では業務ローテーションで対応しているものの、人事労務管理部門は対策せず長期滞留者がおり問題となっていませんか?人事労務管理システムを導入して問題を解決しましょう。
人事や労務管理部門で業務が属人化してしまう理由にマニュアル作成が実務に追いつかないということです。マニュアルがなければ、業務教育ができないといった悪循環になるほか、Excel管理などになると複雑かつ細かい作業も増えます。ですが、人事労務管理システムなら属人化している業務の多くを自動化することができ、基本的な操作マニュアルも導入時にメーカーで作成が完了しています。導入検討時には担当者から実務ベースでの聞き取りを行い、最適なシステム構成を行うことからマニュアル作成ができていない会社でも問題がありません。特殊な経験や知識が不要になることで、人事労務管理部門でも業務ローテーションを行いやすくなり、長期滞留者の発生を抑制できます。また、社員の退職や休職などにより業務が急に遂行できなくなるといったことも解決できます。

女性社員

ピックアップ

コンテンツ一覧